大手と地域密着型不動産のメリット、デメリット

不動産

大手と地域密着型不動産のメリット、デメリット

世の中にはたくさんの不動産会社が存在します。
大手の会社から地域密着型の会社など様々です。
引っ越しシーズンになるとどこで賃貸を借りようかと迷う方も多いと思います。
そんなときに役立つ情報をまとめました。
不動産を選ぶ際のメリット、デメリットです。
まず、大手の会社のメリットをお伝えすると、取り扱う物件の件数が多い、入居者に嬉しいサービスを盛んに行っているなどです。
支店などもあるので、広範囲で物件を探しやすくなるのも大手のメリットです。
逆にデメリットは大手の不動産会社は厳しいノルマを課せられている場合があり、家賃交渉など積極的に動いてくれる部分もありますが、契約を取るために少々強引な営業をしてしまう可能性もあることです。
そういった場合もあるということを踏まえた上で慎重な物件選びが必要になってきます。
最後に地域密着型のメリットは、部屋を貸し出している大家と付き合いが長かったりする場合が多く、家賃の値下げ交渉がしやすかったり、掘り出しの物件を紹介してもらえたりする場合があります。
デメリットは地域密着型のため、取扱いエリアが狭く紹介してもらえる物件が少ない場合があるということです。

群馬陸送のトレーラーハウス事業部をご紹介

軽井沢の自然を感じられるログハウス
木のぬくもりぜひ感じてください

東京で不動産の売却相談なら
モダンスタンダードへお越しください

浴室乾燥機 設置
仕組みを詳しくお伝えさせていただきます

最新記事